ブログ

ペンダントライトのアメリカ風デザインを集めました!

お家の照明に欠かせないペンダントライト。北欧風のデザインが大変人気になっておりますが、ここ数年、じわじわとアメリカ風のペンダントライトも注目を集めています。

そこで、気になるペンダントライトのアメリカ風デザインのものを集めてみました!

電球が印象的なアメリカ風のペンダントライト

ペンダントライト アメリカ
電球のアンティークさ、あたたかさを生かしたデザインが多い、アメリカのペンダントライト。
ピンタレストで見つけた気になるアメリカ風のペンダントライトをご紹介いたします。

素朴ながらもあたたかみがある、アメリカ風のペンダントライト
ペンダントライト アメリカ
(引用元:pinterest)

星形のデザインに遊び心を感じる、アメリカ風のペンダントライト
ペンダントライト アメリカ
(引用元:pinterest)

木製のフレームがおしゃれな、アメリカ風のペンダントライト
ペンダントライト アメリカ
(引用元:pinterest)

DIYでも作れそうな、アメリカ風のペンダントライト
ペンダントライト アメリカ
(引用元:pinterest)

シンプルながらも、スタイリッシュでおしゃれなデザインの照明が多い、アメリカ風のペンダントライト。

おしゃれなアメリカ風のペンダントライトをお探しの方に、日本ならではのデザインがおしゃれなペンダントライトをご紹介いたします!

桜のデザインが浮かび上がるペンダントライト「コハルライト」

ペンダントライト アメリカ
桜の花びらが浮かび上がるデザインがおしゃれなペンダントライト、コハルライト。

薄いコンパクトなパッケージに入っている、5角形の特殊和紙シートを組み立てると、桜の花びらが浮かび上がる球体のペンダントライトが完成します。

和紙をとおした柔らかい優しいあかりが、お部屋を包み込んでくれるので癒し効果も抜群です。

桜のデザインが浮かび上がるペンダントライトで、お部屋をおしゃれな空間に

ペンダントライト アメリカ
こだわりのペンダントライトをお部屋に飾ると、おしゃれな雰囲気に早変わり。1日の疲れをしっかりと癒す空間を、作ることができます。

桜のデザインが浮かび上がるペンダントライト・コハルライトを眺めていると、1日の疲れを優しく和らげてくれます。

おしゃれなペンダントライト、コハルライト購入者の声

ペンダントライト アメリカ

コハルライトを実際にご購入いただいたお客様から、嬉しいレビューを頂いております♪
– – – – – – – – – – –
シンプルでスマート、それでいてこだわりのあるデザイン、もう即決です!どんなタイプの部屋にも馴染み、存在感もキチンとキラリンと放ってくれそう☆☆夜 coharuLightの灯だけでのヨガタイム、数学的にも調和のとれたデザインは、心の調和にも、一役買ってくれているようです。日本の誇りと言っては大袈裟ですが、日本人として、国内外問わず、お勧めできる一品です!結婚祝いや引越し祝いなんかに送るのも最適ですよね!!
【R様】
– – – – – – – – – – –
使い始めて半年以上たちますが、ほこりがつきにくいです。デザインは本当によくできていて、基本的にシンプルなので置く場所を選びません。灯りをつけていなくてもインテリア雑貨として美しいし、灯りをつけると、和紙の組んでいる部分に立体的な陰影ができて、より美しい。折り紙のような、手まりのような、どこか繊細な雰囲気はとても日本らしくていいですね。
【K様】
– – – – – – – – – – –
素敵なお声をお寄せいただき、ありがとうございます!

TBS朝の情報番組【あさチャン】や、TVQ九州放送【ぐっ!ジョブ】、KBCラジオで紹介されたり、各雑誌にもとりあげられたりと、今話題のおしゃれなフロアランプ・コハルライト。

「企画・開発」の段階から【日本】にこだわって作られた、コハルライト。部品、方、部材、加工等のほぼ全てを福岡中心の国内で行っております(電球は除く)。

五角形シート12枚を組むだけで、球体になるオリジナル技術を開発し、特許(特許第5603141号)を取得いたしました。

また、地元福岡を中心に様々な賞を受賞しております。
⇒コハルライト受賞歴

コハルライトは、まだ日本で生まれたばかりの、世界のどこにもない和紙と桜の照明器具。
和室・洋室問わず、お好みの場所に飾っていただけます。

是非一度、手に取ってお楽しみください。


【ペンダントライト】

ペンダントライト アメリカ


【コハルライト MENU】

⇒コハルライトとは?
⇒コハルライトの素材/構造
⇒コハルライト 組み立て方
⇒コハルライト 商品ラインナップ
⇒コハルライト メディア/受賞歴

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る