ブログ

和風の照明で、お部屋の雰囲気をシックに仕上げる方法

和風の照明を探している方へ、日本にこだわって作られた照明で、お部屋の雰囲気を今までよりも落ち着いたものに仕上げませんか?


和風の照明って、あまりデザイン性の高いものがない・・・

和風 照明
和風の照明といえば、和紙を使った、丸い照明をよく見かけます。

しかし、せっかくお部屋に飾るなら、もっとデザン性の高い、和風の照明を飾りたい!と思いますよね。そんな照明って、なかなか見つからないものです。


おしゃれな和風の照明を置くだけで、お部屋の雰囲気が変わります!

和風 照明
和風の照明をお部屋にプラスするだけで、落ち着いた空間を簡単に演出することができます。

お部屋は、自分の生活空間の中でも、いちばんリラックスできる場所に仕上げたいですよね。

そんな、今のお部屋にプラスするだけで、簡単に癒しの空間を演出できる和風の照明をご紹介いたします。


見ているだけでも癒される、和風の照明「コハルライト」

和風 照明
桜の花びらが浮かび上がる、北欧風デザインがおしゃれな照明「コハルライト」。

日本にこだわって作られた天井照明は、どんなお部屋にもなじみ、華やかさをプラスしてくれます。

和室、洋室、寝室、玄関etc・・・和紙をとおしたやわらかい灯りは、癒し効果も抜群です。

【コハルライトが選ばれる理由】
flashunder-1
なぜ、コハルライトが選ばれるのか。その理由を、ご紹介いたします>>>


癒し効果抜群な、和風の照明「コハルライト」とは?

和風 照明
5角形の特殊和紙シート12枚を組み立てると、桜の花びらが浮かび上がる球体のペンダントライト「コハルライト」。

日本らしさを出すために和紙を使用し、耐久性を出すために樹脂(PET)と融合させた素材。
真ん中にPETシート(ペットボトルと同じ素材)、PETシートを挟む形で両側に和紙を貼り付け、和紙の上からフッ素樹脂で噴霧したコーティング。

プラスチックの様な破れにくさなのに、明かりを通す素材感は和紙そのもの。ホコリなどを落としやすいようにコーティングされています。

コハルライトん特徴は「作る過程も楽しめるところ」。
ご家族や大切な方と一緒に組み立てて、「その時間」も思い出として残り、コハルライトを見るたびよみがえります。


おしゃれな和風の照明「コハルライト」購入者の声

和風 照明
コハルライトを実際にご購入いただいたお客様から、嬉しいレビューを頂いております♪
– – – – – – – – – – –
ペンダント照明を色々と探して こちらで ”コハルライト”を見つけた時 心がトキメキました。
和紙の透け感で、周りがとっても温かい感じです。花びらの立体感も さりげなくて良いです。洗練された和の良さが感じられる優れものです。
ありがとうございました。
【S様】
– – – – – – – – – – –
使い始めて半年以上たちますが、ほこりがつきにくいです。デザインは本当によくできていて、基本的にシンプルなので置く場所を選びません。灯りをつけていなくてもインテリア雑貨として美しいし、灯りをつけると、和紙の組んでいる部分に立体的な陰影ができて、より美しい。折り紙のような、手まりのような、どこか繊細な雰囲気はとても日本らしくていいですね。
【K様】
– – – – – – – – – – –
素敵なお声をお寄せいただき、ありがとうございます!


TV、雑誌など、各メディア様に取り上げて頂きました!

また、2011年には「福岡産業デザイン賞」を受賞

TBS朝の情報番組【あさチャン】や、TVQ九州放送【ぐっ!ジョブ】KBCラジオで紹介されたり、各雑誌にもとりあげられたりと、今話題の照明器具なんです!!

また、コハルライトの構造は、特許を取得しております。

また、地元福岡を中心に様々な賞を受賞しております。
⇒コハルライト受賞歴


和風の照明「コハルライト」をお部屋に飾って、毎日癒されてください。

和風 照明
日本にこだわって作られた照明、コハルライト。

和紙を通した明かり、桜の花びらが浮かび上がるデザインは、見ているだけでも癒されるアイテムです。

コハルライトをお部屋にプラスして、今までとは違う、落ち着いた空間を演出しませんか?

buy-or300
コハルライトは、YAHOOショッピングでお買い求めいただけます>>>


【コハルライト LINE UP】
flashunder-3
コハルライトには、色々な種類があります。その選び方など、詳しくご紹介いたします>>>

【コハルライトが選ばれる理由】
flashunder-1
なぜ、コハルライトが選ばれるのか。その理由を、ご紹介いたします>>>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る